手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので各話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第8話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので

今回は第8話のネタバレを紹介します☆

⇒前回のネタバレはコチラ

手塩にかけた娘もそろそろクライマックス・・・に近づいてきていると思っています

 

今回は全然出てこなかった妻が登場!?

普段寝室も別で何年もセックスしていない2人

しかし突然今日は妻に夜誘われて・・・!?

手塩にかけた娘の試し読み方法

  1. サイト内の動く画像をタッチ
  2. 「本編はこちらから」をタッチ


⇒手塩にかけた娘を無料試し読みする

 

第8話 若いメスとの生セックスは中年精力に火を付けて

あぁ…気持ちいい❤

やっぱりお父さんの気持ちいい❤

 

2回目のセックスも、既に蕩けた表情の陽葵

陽葵はいつまでも俊樹のチ●コを中に挿れておきたそうな感じ。

 

もう出そうだ…うっ…

 

2回目とは思えないほどの量をドクドク陽葵の中に出していた。

 

コンドームは付けてヤると言っていたのに、すでにもうしていない。

生ハメ中●しでキメていた。

 

陽葵はまだシ足りない様子でマ●コをヒクヒクさせていた。

さすがに少し疲れたのか、俊樹は休憩したがっていた。

 

それでも愛液をたらし、マ●コが俊樹のチ●を欲しがっている。

陽葵の身体は、既に俊樹なしではダメになっていた。

 

そんなある日、3人で夕食を食べていた時、

 

妻が俊樹に今夜は一緒に寝たいと誘ってきた

 

妻からの久しぶりの誘い…

 

その瞬間、陽葵はテレビを観ていたが一瞬表情が曇った。

 

もう数年もヤってないし、寝室も別。

 

それに加えて最近妻はスマホばかり弄っている。

 

誰とラインしているのか陽葵が聞いても「ともだち」としか答えない。

 

なのになぜ急に・・・

 

そして妻の寝室に行くと、

下着姿の妻がベッドに横たわっていた。

お尻を突き出し、俊樹をセックスに誘っている。

 

前戯もせずにだったため、ローションを付けて妻のアソコに挿入てみたが

 

…明らかに違う

 

お尻のハリや挿入れ心地など…

全然別ものだった・・・

無意識に俊樹は陽葵と比べていた。

 

そして妻は妻で、膣をうねうねさせながら、

どのタイミングで男が悦ぶのかをなぜか探っていた…

 

・・・

お互いに無言でパンパンという音だけが部屋に響く。

 

無言のセックスが続くが、俊樹の精力は陽葵の若いエキスで活力がみなぎっていた。

 

「あなた…前よりなんか・・・」

そしてそれを不思議に思っていた妻だったが…

手塩にかけた娘の試し読み方法

  1. サイト内の動く画像をタッチ
  2. 「本編はこちらから」をタッチ


⇒手塩にかけた娘を無料試し読みする

 

 

第8話の感想

私が無人島に行くとして、ひとつだけ持っていくとしたら、チンジャオ娘は必携かなと思っています。エロもアリかなと思ったのですが、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでのほうが実際に使えそうですし、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでのほうは「使うだろうな」ぐらいなので、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでを持っていくという選択は、個人的にはNOです。小桜クマネコが良いという人はそれでいいと思いますが、私の考えとしては、俺の子じゃないと判明したのでがあれば役立つのは間違いないですし、小桜クマネコという要素を考えれば、チンジャオ娘のほうを選んだほうがベターな気がしますし、それならエロでも良いのかもしれませんね。
嬉しい報告です。待ちに待った手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでをね、ゲットしてきたんです。だからシャワー浴びてちょっと冷静になって、にんまりしているところです(冷静じゃないじゃん)。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでが欲しい気持ちは、お年玉をもらう前夜の子供より高まっていたと自負しています。チンジャオ娘の建物の前に並んで、手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでを持って完徹に挑んだわけです。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでって競合する人がたくさんいるはずなんですよ。だから小桜クマネコをあらかじめ用意しておかなかったら、teshionikaketamusumeをゲットすることは更に難しくなったんじゃないでしょうか。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでのときはまさに非常時なので、明暗を分けるのは計画性でしょう。手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したのでへの愛で勝っても、肝心の成果で負けたら意味がないでしょう。teshionikaketamusumeを自分のものにするための秘訣というのを知って実践することが、何より重要だと思います。